転職面接を突破して人生を切り開く方法

転職面接で失敗して落ち込んだときに元気が出る方法

転職面接で落ち込んだときに、そのモチベーションで次の面接に行くのは非常に危険です。落ち込む前に元気が出る方法を知っておくと、毎回高いモチベーションで取り組むことができます。今回は転職面接で落ち込んだときに元気が出る方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

転職面接で落ち込んだときに取り組むこと

ただでさえ転職活動というのは相当の労力を必要とするのに、面接で失敗したときはかなりのストレスをため込んでしまいます。

あなた自身が本当に入りたい企業に転職面接したときに、失敗したら尚更落ち込んでしまうでしょう。

転職面接で落ち込んだまま、別の企業に面接したら失敗を引きずって負の連鎖におちいってしまう場合があるので注意が必要です。

次の章では、転職面接で落ち込んだときに元気が出る方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

転職面接で失敗しても元気が出る方法

失敗を経験と考える

どんな成功者でも人生で一回も失敗したことがない人は、この世にひとりもいません。

しかし、成功者は何回も失敗を重ねたことを経験として考え、次に活かすのが共通点といえるでしょう。

この失敗を経験として活かすのは、転職面接においても同じことがいえるのです。

もし転職面接で失敗したとしても、落ち込む前に『勉強になったから次に活かす』と考えれば元気が出るでしょう。

反省点を割り出して改善していく

歴史的偉人のトーマス・エジソンも

“私は失敗したことがない。ただ一万通りの上手くいかない方法を見つけただけだ。”

という名言を残しています。

エジソンは、1万回失敗したことを、一回一回反省点を割り出して改善していき最終的に歴史的発明をしたのです。

転職活動において、希望としている企業の面接に失敗したとしても、反省点を割り出して次に活かすのが大切といえます。

失敗の原因を考えて次に活かせるきっかけを見つけることができたのであれば、落ち込んでいる暇がなく元気がでるでしょう。

その企業とは縁がなかったと割り切る

転職面接で上手くいかなかったとしても、元々その企業とは縁がなかったと割り切って考えると案外すっきりして元気が出ます。

転職活動は婚活とよく似ており、お互い両想いのカップルを探しているのと同じで、マッチングするのはごく僅かでしょう。

ですので、転職活動も同様に元々マッチングするのもごく僅かと考えて望んでいくとモチベーションを保つことができます。

転職面接は何度も挑戦する

転職面接は何度も挑戦して失敗しても、決して悪いことではないということを覚えておきましょう。

たとえ転職面接を失敗しても、毎回反省点を見つけて次に活かすことができれば、元気を何度も出すことができます。

落ち込んだまま転職面接をくり返しても辛いだけなので、失敗を失敗と思わないで次に活かす改善点を見つけましょう。

元気が出る転職面接の向かい方

希望を持って転職活動してきたにもかかわらず、転職の面接がいざ決定すると緊張感が高まり、不安になってくる人は少なくないと思います。次に 転職時から面接当日までにおいて、元気が出る転職面接の向かい方についてお伝えします。

転職理由を今一度確認してみる

転職活動をしている人は、何らかの理由で前のお仕事を退職されています。退職や転職理由は人それぞれ様々だと思います。 転職活動がうまくいかないときや不安が膨らんでくると「退職しなきゃよかった」と後悔する人も多くおられます。 しかし今一度、転職理由を確認してみましょう。どのような理由があったにせよ、転職することで今後の自分を切り開いていくための第一歩としたかったはずなのです。 もう以前に自分に戻ることはよしましょう。新しい希望を胸に抱いて転職活動を行うべきです。

新しい職場で働き始めたことをイメージする

みなさんが新しい職場に求めていることは何でしょうか?人間関係でしょうか、スキルアップでしょうか、給料でしょうか。 転職活動や面接などにおいて不安になったときには、ぜひ新しい職場で働いているイメージを思い描いてみましょう。 新しい友人と楽しく働いている風景やバリバリ働いている自分、がっつり稼いでほしいものを手に入れたシーンなど、顔がニヤけるほどイメージすることをオススメします。 このようなポジティブなイメージを繰り返しすることで、転職へのモチベーションが上がり元気が出てきますよ。

面接当日は早めに出発する(小さなことだけど大切なこと)

新しい職場への面接は、必ず突破しなければならない関門です。不安が膨らんでしまうかもしれませんが、面接当日はまず「時間に勝つ」ことが大事です。 もしもギリギリの時間に出発し、バスや電車が遅れるような事態になってしまったとしたら、面接に遅刻してしまうことになるかもしれません。車やバイクであれば、焦って事故を起こしてしまうことにもつながりかねません。時間通りに到着することを意識するあまり、面接がうまくいかない可能性もあります。 余裕を持って出発しておけば、多少何かトラブルがあったとしても動じる必要はありません。冷静に判断しながら、面接会場に向かうことができます。 早く出発して余裕を持って到着することができれば、「時間に勝った」と自分自身を褒めてあげましょう。こういう小さな勝利を積み重ねていくことが、人生の成功にはとても大事なことなのです。

大きく何度も深呼吸する

余裕を持って到着することができれば、いよいよ面接です。緊張感が最大に高まってくると思いますが、ここでしてほしいのが「深呼吸」です。 「深呼吸では何も変わらない」と考えている人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。スポーツでもビジネスでもここ一番で実力を発揮できる人には、呼吸法によって心理状態をうまくコントロールしている人が多いといえるからです。 みなさんには転職理由がきちんとあって、新しい職場に希望を持っているはずです。そして本日、みなさんは時間に勝利することができました。 今一度、その内容を思い返しながら、深く何度も深呼吸してみてください。みなさんの心が満ち溢れてくることを実感できるはずです。落ち着いて面接に向かうことができたのであれば、もうあなたは自分自身の弱い心に打ち勝っています。

まとめ~転職面接を突破して元気が出るために

新しい人生の門出は、緊張したり不安になったりするものです。 しかしこの緊張感や不安は悪いものではありません。この時期を乗り越えることができれば、自分自身が成長することができるからです。 成長できるのであるならば、元気が出ませんか?ぜひうまく転職面接を突破していただき、人生を切り開いていただきたいと思います。