転職を検討している、転職活動中だ、転職について悩んでいるという方の力になれたらと思います。

転職活動の要点-面談の答え方とは。

まず、転職活動と言っても人によって転職の理由が前向きだったり、後ろ向きだったりしますよね。
はたまた、よく分からない理由で会社辞めてしまう人もいます。

そこで、私も色々と転職活動してきた人たちから話を聞いてみたのですが、転職の理由で、やはり一番多かった理由が、仕事が楽しくない(苦痛)、勤めていた企業がブラックだからというものです。

転職活動において前向きな転職理由であればよいのでが、このようにたとえ後ろ向きな理由でも、いざ、転職に踏み切ったからには、積極的に人生を切り開いてゆこうと思うことが必要です。

ましてや、面接では絶対にポジティブな発言が必要です。相手が納得するような転職の理由がなくてはなりません。

例えば、「前の会社も良かったのですが、貴社のポリシーや方針を目にして、とても素晴らしいと思い、今日の面談に来ました」などです。

転職活動を成功する心機一転波動

転職活動とは「働き方を変える」面もあります。言い換えれば、脱サラしてフリーランスになるにせよ、同業他社に移るにせよ、お金の稼ぎ方が変わりますよね。

 

転職して、働き方が変われば、ライフスタイルが結構変わります。これを良い方に考えれば、「転職とは人生を心機一転させる」ことでもあります。

人生には時おり「仕切り直し」の時も必要であり、その意味で、転職を意味あるものとして、ポジティブ思考で乗りきってゆきましょう。

その点では、人にもよりますが、転職活動するにおいて、同業他社を受けると同時に他業種の会社を受けてみるのもいいかもしれません。

色んな会社を見てゆくなかに、新たな自己発見ができ、それが次の仕事になるかもしれません。新卒か転職時くらいしかそういった経験はできませんからね。

趣味で、スポーツする人や釣り、カメラなどにハマっている人はそういうことに関わる会社を受けてみるのもひとつの手です。

どんな仕事をすべきか転職活動で悩む方へ

そうは言っても、どんな仕事をすればいいのか、なかなか解決がつかないこともありますよね。

前の会社を辞めた理由のひとつは、自分に適性がないなと思っていたり、この仕事を一生続けるのが想像出来なかったからだと思います。

「自分に合った仕事ってなんだ?」、「働いてよかったと思える仕事をしよう」って。考えれば考えるほどに、頭のなかにぐるぐると巡って、なかなかスッキリしないでしょう。

「仕事とは何か?」、「幸せな生活をおくるには?」こういう類の本や、自己啓発本を満員電車の中で読んだりしても、なかなか答えが出ない。

そんな時に、考えるヒントを次に述べてみたいと思います。

例えば、アシュトン・カッチャー主演の映画「スティーブ・ジョブズ」の一幕で、アップル・コンピュータを一緒に立ち上げた友人が、ジョブズにこうのようなことを言います。

「俺がなんでお前と一緒に会社を作ったと思う?自分の得意なことで、お前が喜んでくれたからだ。」

灯台もと暮らしみたいな話しですが、仕事を選ぶ時は、「自分の適性に合った仕事を選ぶのがベスト」ではないかと思います。今一度、原点に立ち返って、そのような仕事を考えて見ましょう。

この考え方は、「いつやるの?今でしょ!?」の林修先生も同じです。
彼は入社した銀行を辞め、その後は会社を起こしたり、株や、競馬などをしていたそうです。そして、そうこうしているうちに借金が膨らんでしまいました。

その後、借金返済が必要であることから、知人の紹介で塾講師としてアルバイト生活を開始したそうです。
その後、指導力を評価され予備校講師になりました。

その時分かったのは、「勝てる場所で誰よりも努力すること」が大事だと思ったそうです。もし、悩んでいる方がいたらこういう時点で仕事を選んでみてはいかがでしょうか?

転職活動を成功する極めつけの言葉

転職活動は、自分にとって満足できる働き方が出来るか、そのライフスタイルが送れるかどうかの部分があります。

給料も大事ですし、残業時間が少ない会社もよいでしょう。しかし、自分にとって何が大事な「自分の適正にあって、やりがいのあることが」とても大事な考え方と思います。

転職をするということは、今の生活から変化が起こる、人生が変化するということでもあります。それもとても勇気のいることだと思いますが、チャレンジしてみる精神で、煌めきのある人生にしてまいりましょう。

最後に転職を考える方にこの言葉を送ります。

Do not fear mistakes. There are none. (失敗を恐れるな。そんなものないんだから。)