転職をする理由は人それぞれ違うと思いますが、女性の場合は転職を考えるきっかけが「結婚」だったり「出産」など人生のライフプランに合わせたものが多いのではないでしょうか。


結婚しても共働き夫婦が増えているなか、この会社にいても長く勤めていけるかどうかを考えるといろいろな福利厚生面や働き方で難しいと感じてしまうことがあります。

私生活も充実させて楽しみたい女性だからこそ、転職選びがとても重要です。

■一般事務の転職面接で受かるコツ

女性の場合20歳後半辺りから「長く勤められる仕事」を探す傾向にあります。

例えば今までは飲食店勤務でシフト制の仕事をしていた、アパレルで働いていてお盆や年末年始に休みがなくずっと立ち仕事で働くことに限界を感じたなどこれから先結婚して子供を産んでからもできる仕事かどうかを考えるようになります。

続けにくい仕事として残業が多かったり、土日休みではなくシフト制だったり、会社で頻繁に飲み会があるなど仕事と私生活のバランスが取れなくなるのを難しいと感じます。

実際に女性が転職をした場合、希望の職種に就けるのかというと「一般事務」などの仕事は1つの求人に対して条件さえ良ければ100人単位の応募がきます。

そのため、そのなかから面接に進んで限りある採用枠を獲得するのは簡単な話ではありません。残業が少なく椅子に座ったまま作業ができるので40歳・50歳になっても働いている人が多く採用枠が少ないのもその理由になるかもしれません。

一般事務で面接に合格する為のコツとして

・最低限のPCスキル(Word・EXCEL・ビジネス文章・メール)は身につけておくこと

・コールセンターなど電話対応に慣れておくことで即戦力になる

・面接で休日や福利厚生面については聞かずに、採用後の打ち合わせで確認する

さらに面接時に背筋をピンと伸ばして自信を持って会話をすることが大切です。転職は新卒ではないので、会社にとって即戦力になるかどうかが採用基準になります。

■さらに転職面接を成功させるとっておきのポイント

一般事務に限らず、転職活動の面接で受かるミラクルポイントを紹介しますね!

履歴書・職務経歴書は手書き

履歴書や職務経歴書はスマホのアプリやPCを使って簡単に作成できるようになりましたね。でも本来履歴書はあなたの人となりを企業に知ってもらうために重要な書類です。字がキレイだと褒められたことがあるのにあえてPC入力で作ってしまうと、あなたのアピールポイントが減ってしまいます。少し手間がかかるかもしれませんが、手書きであなたの経歴や希望を伝えられるようにしましょう。たくさんの履歴書があっても手書きのキレイな字で書いてあるもの方が評価も高くなります。

面接でうまく話せなくてもいい

面接で会話をうまく話して自分をアピールしようと意気込んでしまう人もいるのですが、面接ではうまく話せなくても全く問題はありません。むしろ一生懸命自分をアピールしようとしている前向きな姿勢がやる気にも繋がりますし、この人と一緒に仕事がしたいなと思ってもらうことに伝わります。面接官に興味を持たせることが転職活動を成功させるコツでもあるのです。

笑顔で感謝の言葉を伝える

面接の終わりに「本日はお時間をいただきましてありがとうございました」と笑顔で挨拶をするだけでも、何倍も印象がUPします。面接をスタートする時にも「宜しくお願いします。」と必ず挨拶をしましょう。一般事務の場合特に中小企業など感じが良く、今いる他のスタッフとうまくやっていけるかどうかを基準に選ぶ場合があります。

転職を成功させる為にはどんなにすごい学歴よりもあなたらしさをアピールすること、数をこなすのではなく1つ1つの面接としっかりと向き合い面接に挑みましょうね。